Jazz関連 作曲作品

レコーディングの成功とは、なにか?

更新日:

成功ってなんだろう??

 

今日は、何をもって、レコーディングが成功したと言えるのか?
について考えます。

 

レコーディングの成功として、
まず思いつくのは、

・全員がミスなく、演奏できたこと
・全員の音量のバランスなど、
 MIX作業もうまくできたこと

でしょうか。

 

ミスなく演奏するというのは、タイミング、音色、全てにおいて、ミスがないということです。これは、演奏家として永遠に追求する問題なので、今回は、割愛します。

 

 

全員の音量のバランスなどのMIX作業に関しては、MIX作業の時間にプロのエンジニアさんと意見を重ねられれば、納得のいく結果が出せると思います。

 

ミス・音量のバランス以外で、成功の要因とは?

さらに、レコーディングが成功した!とするには、どんな要因があるかというと・・・・

 

メンバー同士の結束が高まったか?

好きな音楽・好きな音色など、

目指す音楽の方向性を話し合えたか?

 

そんな、時間を共有できたかどうかがレコーディングの成功に関わるのではないかな?と思います。

 

レコーディングの日は、メンバーそれぞれが、「一番最高だ!」と思う音色・演奏スタイルで集まります。

そんな、贅沢な時間のなかで、この曲は、こんな音色でいきたい!とか、パラパラたくさん音を入れる演奏スタイルでいきたい!とか・・・・

そんなことを、じっくり話し合える関係を作れるかどうか。

 

言い合える雰囲気を作れるか。

 

さらには、ドラムがその音色で来るなら、それを生かしてベースは、こうしようか。

という、相手を尊重しながら自分を出せるか。

 

「良い関係・良い雰囲気・臨機応変な対応」が、
レコーディングが成功したと、言える要因
なのではないかな、と思います。

 

真剣に音楽のことを考える時間

実は、日々のライブでは、あまり、音色やリズム感などの、深いところまでは、意見を共有することができないのです。

その当日に持ってきている楽器によって、すでに音色は決まっているし、そもそも、そんなことを話し合うより前に、演奏曲の雰囲気を決めなくてはいけません。

 

同じ音楽を演奏するもの同士が、真剣に音楽について考えられる。
そんな贅沢な時間が、”レコーディング”なんですね。

 

 

いかがでしょうか?
レコーディングしてみたくなりませんか?

そして、こんな贅沢な時間を共有した我々のCD聴いてみたくないですか???笑

 

 

Newアルバムの完成は、2018年4月を予定しています。

 

メンバー
マックギルバート(Vo.)
根木マリサ(Pf.)
玉木英和(Bass.)
高崎洋平(Dr.)

SNSでも最新情報を配信しています。フォロー・チャンネル登録お願いします。

-Jazz関連, 作曲作品
-, , ,

Copyright© もっと自由に音楽を! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.