ジャズスタンダードナンバー

ジャズ初心者のセッション定番曲は「ブルース」!簡単に弾けるベスト3をご紹介!

更新日:

セッションの定番曲

ジャズのセッションで、
定番中の定番といえば、「ブルース」

「困ったらブルース」と言われるぐらい、
セッションでは定番中の定番。

なので、このページをご覧の方は、
ブルースを1曲演奏できる。
もしくは、今、まさにブルースを練習し始めるけれど、
どんな曲から手をつけたらいいかわからない!

という方かな?と思います。

今日は、ジャズ初心者にオススメの「ブルース」ベスト3を、
ご紹介します。

「ブルース」とは形式のこと

ブルース、ブルースが簡単だ!などと、
言われているのですが、
ブルースとはなんなのか??!

歴史的ななりたいのことはさておきまして、
ブルースというのは、
音楽の1つの形式のことを言います。

音楽の形式ってどういうこと?

日本にも、「俳句」と言う文化があります。
この「俳句」には、ルールがありますよね?

「季語」を入れて、「五・七・五」で言葉を組み合わせるという
ルールがあります。

これと同じような感じで、
「ブルース」とは、
12小節でテーマが作られている曲です。

そして、コードの進行が、決まっています。

《C-Key》の場合

 

どんなメロディーがついたとしても、
ブルースの場合は、
コードの進行が、ここから大きく外れることはありません。

テーマの小節が12小節で作られていて
コードの順番が、ブルース進行になっている曲

これに当てはまる曲は、全てブルースとなります。

 

「ブルース」代表的な曲とは?

ジャズのセッションで演奏されるブルースの中には、
代表曲があります。

よく演奏される曲、ベスト3をご紹介します。

Now's The Time

チャーリー・パーカーという
伝説のサックスプレイヤーが作った曲です。
オリジナルは、F-Keyなので、
そのまま、F-Keyで演奏することが普通です。

メロディーは比較的簡単です。

「ドファファソドファ・ドファファソファ・
ドファファソド・ファファソド・ファファソドファ〜」

 

テーマの特徴

ポイントは、
テーマの途中で出てくる
キメを知っていて、反応できるかどうか。

このピンクの丸のところで、
みんなでリズムを合わせるか、合わせないかが、
その時々のメンバーによって、変わります。

Bag's Groove

ビブラフォン奏者のミルト・ジャクソンが
作曲した曲。

こちらも、F-Keyのブルースです。

有名なのは、マイルス・ディヴィスが参加したこのCD

おそらく、多くのジャズ学習者が聞き、
そして、多くのジャズを教える先生が
オススメするCDだと思います。

それぐらい、もはや、
ジャズ学習者の基本となっているCD。

メロディーも簡単です。

ファ・ドーシラ・
シーラファラーファミ・ファーミ

これを、3回繰り返すと、
テーマになります。

テーマの特徴

この曲を練習するときに、
便利なことが、1つあります。

それは、この曲のメロディー自体が、
ブルーノートをたくさん使っていること。

ジャズっぽい即興をするための必須音。
「ブルーノート」
*詳しくは、別記事にします。

F-keyの場合は、
ラ♭、シ、ミ♭となります。

覚えるのも難しい「ブルーノート」
この曲を練習するだけで、覚えることができます!!

このピンクで囲ったところは、すべて、
ブルーノート。
簡単に、ブルーノートの音を
練習することができるんです。

便利な曲です。

 

C-Jam

最後は、C-keyのブルースです。
作曲したのは、ジャズの巨匠:デューク・エリントン。

テーマの特徴

このブルースは、音楽史上最も
簡単なテーマでできた曲かもしれません。

テーマを演奏するために必要な指は、なんと、1本!
人差し指だけで、演奏することが可能です。

詳しくは、こちらの記事にて。

 

まとめ

ジャズのセッションに行く前に、
どのブルースを練習しようか、迷ったら、
ぜひ、こちらのベスト3の中から選んでみてください。

 

SNSでも最新情報を配信しています。フォロー・チャンネル登録お願いします。

-ジャズスタンダードナンバー
-, , ,

Copyright© 根木マリサ~Official Site~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.