Jazz関連 ママコン

毎年違うオリジナルアレンジにて、クリスマスソングをお届け

更新日:

クリスマスソングは、毎年違うアレンジで

2017年のクリスマスソングも、新しいアレンジにて、お届けしております。
世相を反映したアレンジ?そんなアレンジがあるのかは、不明ですが、毎年、違うアレンジでお届けすることをポリシーとして頑張っています。
きっと、共演者には、毎年違うので、嫌がられています。笑

 

ママコン〜クリスマス会〜

2017年12月のママコンは、アーデン音楽館にて、クリスマス会を開催いたしました。

その中から、取り上げるのは、

The Christmas Song
Robert Wells and Mel Torme(1944)

です。

 

出演者は、ボーカル:マックギルバート、ピアノ:根木マリサです。

 

歌詞「The Christmas Song」

The Christmas Song
Robert Wells and Mel Torme(1944)

焚き火で焼いている栗。
ジャックフロスト(雪男)は君の鼻を凍えさせる。
クリスマス・キャロルは聖歌隊に歌われて
人々はエスキモーみたいに服を着ている。

みんな知ってる、七面鳥とヤドリギは
この季節を輝かせることを。
目を輝かせる小さな子供たちは
今夜なかなか眠りにつけないだろうね。

子ども達はサンタがこっちに向かってるのを知ってる。
サンタは一杯のにオモチャをソリにのせて、
どの母さんの子どもも覗き見をする、
トナカイが本当に空の飛び方を知ってるかを知るために。

だから、私はこのシンプルなフレーズを言うんだ。
1歳から92歳の子供たちに向けて。
何度も色々と言われてるだろうけど、
君に 「メリークリスマス」と、伝えたい。

 

アレンジのポイント

今年のThe Christmas Songのアレンジのポイントは、
優しいクリスマスを表現することでした。

クリスマスというと、賑やかなイメージがありますよね。
イルミネーションが、キラキラしていて、恋人たちや、家族同士で、
わいわいがやがや・・・。
レストランも賑やかですよね。

でも、今回のアレンジのイメージは、そんな賑やかな街から、少し離れ、高台や山の上から、賑やかな街を見下ろしているような、そんな風景をイメージしてみました。

 

イメージは、神戸

実は、昔、大阪に住んでいたことがあります。
その時、たまたま、神戸の夜景を、山の上から見る機会がありました。

それはそれは、美しく!

私は、あまり、夜景というものに興味がないのですが、
その時の夜景は、本当に綺麗でした。

そして、クリスマスの時期・・・。

なんと、空からは、雪が!!!!

 

な〜んの音も聞こえなくて、空から雪が降ってきて、
目の前には、神戸の夜景があるという、素敵な夜。

そんな思い出を、アレンジに託してみました。

 

ぜひ、お楽しみください。

 

 




-Jazz関連, ママコン
-, , ,

Copyright© もっと自由に音楽を! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.