Jazz関連

ピアニストにオススメ!ジャズっぽい、かっこいいクラシック曲

更新日:

テレビ朝日の音楽バラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』が2018年10月28日に放送されました。
ゲストにクラシックピアニスト:清塚信也さん、ジャズピアニスト:山中千尋さん、ポップスピアニスト:紺野紗衣さんが出演されました。

ジャンルの違うピアニストの方々でしたが、
ジャズピアニスト:山中千尋さんは、以前、違うTV番組で「普段は、現代音楽を聴いている」とおっしゃっていました。

さすが、1流のピアニストは、ジャンルを超えて、ピアノを研究し演奏技術を磨いているのかも!!

今日は、クラシックピアニストにもジャズのピアニストにも
おすすめしたいジャズっぽいクラシックのピアノ曲をご紹介したいと思います。

(*もちろん、私個人の独断と偏見にて選曲しております。)

 

ジャズっぽい現代音楽

現代音楽は、20世紀後半から現在に至るまでに作曲家が作った曲を指す言葉です。
何事もそうですが、今、まさに生まれているものというのは、理解しづらい・・・。

子供が、粘土で何かを作っている時に、なにが出来上がるのか、
よくわからないのと同じようなものかな・・・と思っています。

 

クラシックの作曲家たちは、その時流行っているものや、前の時代の作曲技法などを
使いながら、新しい音楽を生み出しています。
その中に、ハーモニー、メロディーの音の並びなどを、ジャズから取り入れた作曲家たちがいます。

 

ジャズ、ソロピアノの可能性を広げてくれる作曲家

ニコライ・カプースチン

ジャズのピアニストたちは、楽譜を残さないので、研究するのが結構大変。
カプースチンの曲は、すべて楽譜になっているので、研究しやすいです。

カプースチンの曲は、どれもこれも、派手!

 

左手の動きは、ショパンの練習曲のようだけれど、使っている音が、ジャズっぽいから
ジャズっぽいクラシック曲というなんとも不思議なサウンドがします。

 

ジャズのスタンダードナンバー「ブルーボッサ」をクラシックの曲として
編曲してしまったこの曲も、と〜〜〜っても、むずかしい!!

 

やっぱり、ジャズのグルーブ感は無いので、クラシックの楽曲に聞こえるんですよね。
使っている音はジャズなんだけれど、なぜかクラシック曲に聞こえる。

これが、不思議。

実際に、カプースチンの曲を弾くと、両手をここまで駆使することができるのか〜〜〜!と、びっくりします。
ソロピアノの可能性を広げてくれる作曲家です。

 

リゲティ・ジェルジュ

リズムは、ジャズのよう。
ピアニストの技術で、リズムが一定に聞こえる・・・。

不思議な曲です。

ハーモニーも変わっていて面白いですね。
ジャズでも、よく使われるハーモニーも多いので、研究にオススメ。

 

 

 

まとめ

クラシックの作曲家が、ピアノの限界・和音の限界を押し上げ、うみだしてくれた楽曲たち。
やはり、楽譜がある分、研究もしやすいし、練習もしやすい。
あたらしいピアノソロの可能性を模索するためにも、ジャズっぽいクラシックのピアノ曲は、
これからも、研究していきたいですね。

SNSでも最新情報を配信しています。フォロー・チャンネル登録お願いします。

-Jazz関連
-,

Copyright© もっと自由に音楽を! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.