ママコン

ドラム奏者:高崎洋平さんに、インタビュー!

更新日:

プロミュージシャンにインタビュー!
ドラム・パーカッション奏者:高崎洋平(Takasaki Yohei)

 

いつも、ママコンをお楽しみいただきまして、ありがとうございます。

今日は、2018年5月12日(土)に開催されるママコンにご出演いただく、
ドラム・パーカッション奏者の高崎洋平さんに、いろいろインタビューしてきました!

 

高崎さんは、いつも明るく・笑顔の絶えないドラム奏者さんです。
いつもは、ジャズバンドでの演奏が多いですが、吹奏楽のパーカッションや、演劇などの舞台音楽も、演奏する、マルチなプレイヤーです。

 

ドラム・パーカッションを、始める経緯などを聞いてみました!

 

1.  何才から、楽器を演奏し始めたのですか?

高崎さん:
10歳から打楽器。ドラムは14歳の時、初めて叩きました。

 

2.  どうしてドラムを選んだんですか?

高崎さん:
打楽器をやっていたので、憧れていました。とにかくかっこよくて。

ママコンスタッフ:
確かに、ドラム奏者って、足も手も使っていて、かっこいいですよね!

 

3.  ドラムをやっていてよかったな〜と思うことはなんですか?

高崎さん:
いつでもリズム感じていられる事。ドラムを叩く事で元気になれることですかね。

ママコンスタッフ:
確かに。机の上も叩けば打楽器になりますし、いつだって、音楽をスタートさせられますね。

 

4.  ドラム以外で、やってみたい楽器、憧れの楽器はありますか?

高崎さん:
ピアノは憧れます! 音楽の全ての要素が詰まっているし、音色が美しいと思います。いつかは習いに行こう!と思っています。ちなみに、 打楽器全般は演奏出来ます。まぁ、得意、不得意はありますが…。

ママコンスタッフ:
あ、根木さんがいつでもピアノ、教えてくれるそうですよ・・・。

 

5.  演奏していて、一番楽しい時は、どんな時ですか?

高崎さん:
色々考えなくても鼻歌のように自然に演奏出来ている時ですね。自分の音が気にならず、他の楽器と一体化して聴こえる時。パーカッション・ドラムというのは、メロディー楽器ではないので、最高の裏方になることができた時、達成感があります。
あとは、お客さんと演奏者、その場にいるみんなが同じビートを感じているなと感じた時は、楽しいですね。

 

 

6.  何歳から、ドラムは習い始められますか?

高崎さん:
太鼓を叩くのは赤ちゃんでも出来ます。ドラムならば、足がペダルまで届けば何歳からでもスタートできますよ。

 

 

ありがとうございました!
今後も、ママコンへのご出演どうぞよろしくお願いいたします。

高崎さんの演奏は、こちらからご覧いただけます。

 

最後に、高崎さんから、ママコンへ一言!

親子で音楽に触れる事が出来る素晴らしいコンサートだと思います。
皆さんと一緒に音楽の楽しさ、奥深さを感じられたら嬉しいです!

一緒に音楽をたのしみましょう!!!

 

SNSでも最新情報を配信しています。フォロー・チャンネル登録お願いします。

-ママコン
-, ,

Copyright© もっと自由に音楽を! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.