LESSON Jazz関連

【ピアノのお悩み解決】5年たちますが、JAZZのアドリブができません。

更新日:

いつまでたっても、ジャズのアドリブができない!

女性の方から質問いただきました
生徒:「先生、そろそろ5年通ってますが、
いつまでもアドリブができません。」

 

私の回答
私:「そんなことないですよ〜(内心、焦・・・)」

 

女性の方
生徒:「他の方はみんなできるようになってるのに、なんででしょうか?」

 

私の心の中
(イタいとこ突かれた〜〜〜!!!)
私の回答
私:「怒らないで聞いてくださいね・・・。
楽譜を見てるからです!!!」

 

女性の方
生徒:「は・・・・?!(何言ってるのこの人?)」

 

楽譜が読めるから、アドリブができないという矛盾

彼女は、クラシックピアノが弾ける方です。
楽譜を見れば、すぐに演奏することができます。

良い意味でも、悪い意味でも、クラシックピアノの演奏レベルが高いのです。

 

簡単なものは、ワナかもしれない・・・。

ジャズのアドリブを、楽譜に書き起こしてくれている本が売っています。

アドリブとは、即興演奏のことなので、楽譜になっている段階で、
すでに、即興演奏ではないのですが、
楽譜通りに弾いても、ジャズっぽく聞こえるので、クラシックピアノから
ジャズに転向する場合は、利用することの多い楽譜かと思います。

「書いてあるアドリブ=書き譜」と、呼ばれることもあります。

クラシックピアノを小さい頃から習ってきていると、
楽譜を読んで、演奏することの方が、ラクだし簡単です。
それが、そもそもワナ!!!

 

「書いてあるアドリブ=書き譜」から、離れましょう。
(私も、初めは、使ってました・・・。)

その楽譜、浮き輪のように大切にしている必要はありません・・・。

 

だって、自分のアドリブ、ダサいんだもん

「書いてあるアドリブ=書き譜」は、本当によくできています。

クラシックピアノを演奏してきた人にとって、かっこいい!!!と、
感じられるような音の形、フレーズを、いろいろなところに散りばめてくれています。

なので、初めは、自分で演奏するアドリブより、
「書いてあるアドリブ=書き譜」の方が、かっこよく聞こえるんです。

自分のアドリブは、ダサい・・・。
もっと、たくさんの音を弾きたい!バラバラ、指を動かしたい!!!

私:「↑って、思ってますよね??」

女性の方
生徒:「ギク・・・・。(汗)」

 

自分の音を認めて!

初めはだれでもダサい

初めから、かっこいいアドリブができるわけではないのです。
ちょっとずつ、ジャズ理論を知り、
弾けるフレーズを増やして、リズムを整えて、かっこよくなっていきます。

まずは、自分で音を見つけて、しゃべり始めることが大切。

 

千里の道も一歩から

ダサい自分のアドリブを受け入れて、かっこいい誰かのアドリブを真似して、
自分のフレーズを磨いていきます。

ちょっとずつやっていきましょう。

 

私:「ってことで、”書き譜”は卒業しましょう。」

女性の方
生徒:「はい・・・・。(涙)

 

まとめ

楽譜通りに弾いても、ジャズっぽく聞こえる、書き譜。
手放したくないのはわかるのですが、アドリブをしてくなら、
自分の音を認めて、ちょっとずつ練習していくのが良いと思います。

浮き輪だと思っている、その楽譜を手放して、音楽という大きな海に、
自分で泳ぎに出てみませんか〜〜〜!?

*注:楽譜を使わずに、ジャズを勉強していくわけではないので、楽譜を読めない方が、アドリブができるようになる!というわけではありません。
*注:先生によって教え方は、様々です。書き譜を絶対使わない!というわけではありません。

こちらもオススメ

初めてJAZZミュージシャンと共演する場合、準備すること。

SNSでも最新情報を配信しています。フォロー・チャンネル登録お願いします。

-LESSON, Jazz関連
-,

Copyright© もっと自由に音楽を! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.