ジャズを弾きたい!人のために

ジャズピアノ初心者におすすめの曲。絶対聴くべきピアニストとは?

更新日:

ジャズ初心者に自信をもってススメたい!

何を隠そう、私自身、
一番初めに好きになったのは「オスカー・ピーターソン」でした。

小学校の頃に、なぜか、親に隠れてコソコソ聴いていたのは、懐かしい思い出です。
上原ひろみさん、小曽根真さんなど、たくさんのジャズピアニストが、
影響を受けたと語る”オスカー・ピータソン”。

魅力をご紹介していきたいと思います。

 

ピアノが上手すぎる!

まずは、これ。
ピアノが上手すぎること。上手という定義は、いろいろあると思いますが、
彼の場合は、音も綺麗。さらに、音の数も多い・・・・。

 

「鍵盤の帝王」の異名を持つのだから、
すごいピアニストであることが、伺えます。

 

音の数が多すぎ!

これは、オスカー・ピーターソンのアドリブを、出版社が、楽譜に書き起こしたもの。

曲は、「BODY & SOUL」

 

確かに、この曲は、テンポがゆったりしている曲なのですが、それにしたって、
音が多すぎるよ!!
こんな真っ黒の楽譜、クラシックだって、なかなかお目にかかれません。

 

やば・・・・・。クラクラしてきた・・・。

 

百聞は一見にしかず。
とりあえず、聴いてみてください。

 

オスカー・ピーターソン -Body & Soul- 試聴はこちら

 

ハッピースウィングって何?

よく、オスカー・ピータソンの演奏を、ハッピースウィングと、表現したり、
明るいジャズと言ったりします。

とにかく軽快で、ノリがいいというのが、オスカー・ピーターソンの特徴。
とは言っても、イマイチ、ピンとこないですよね〜・・・。

 

ということで、比べてみましょう。

 

こちらがオスカー・ピーターソンが演奏する、
「ALL THE THINGS YOU ARE」

All The Things You Are - オスカー・ピーターソン

ちょっと、綺麗な和音も混じってはいますがメロディーを聞くことができますね。

 

こちらは、ブラッド・メルドーが演奏する
「ALL THE THINGS YOU ARE」

 

こちらの試聴で聞こえるところは、まさに、「ALL The Things You Are」のテーマ。
でも、ちょっと複雑なアレンジ・・・。

音が、直線的で、硬い・重厚感のある感じも、オスカー・ピーターソンとは、違います。

 

なぜ、初心者に自信を持ってススメられるのか??

オスカー・ピータソンのすごいところの一つは、収録したCDの数が多いこと。
ジャズのスタンダードナンバーは、だいたい演奏しているのではないか??!と思うほど、
たくさんの曲をCDに残してくれてます。

 

なので、知っている曲に出会いやすい!

 

ジャズのCDを買って、いきなり、ミュージシャンのオリジナル曲ばかりだと、
ジャズのことがわからなければ、ツライかもしれないけど、
知っている曲なら、聴きやすいですよね。

 

だから、オスカー・ピータソンは、初心者にオススメできるピアニストなのです!

 

まとめ

私も、一番初めに、好きになったオスカー・ピーターソン。
今でも、彼のフレーズを練習したり、元気になりたい時には、聴いたりしているピアニストです。

ぜひ、お楽しみください!

 

 

こちらの記事もオススメ。

ジャズは弾けない?クラシックピアノとの弾き方の違いは?

SNSでも最新情報を配信しています。フォロー・チャンネル登録お願いします。

-ジャズを弾きたい!人のために
-, ,

Copyright© ジャズピアニスト・根木マリサ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.