Jazz関連

ピアニスト:カレル・ボエリーってどんな人?

更新日:

私がオランダへ行く理由

2016年から、期間にばらつきはあるものの、毎年オランダに滞在しています。毎年毎年、なんで、あの人、オランダ行ってるんだろう?!

遊んでばっかりいて・・・。

という声がちらほら聞こえてきそうですが、今日は、私がなぜ、オランダに行くのか。そして、会いに行っている先生はいったい、どんな人なのか!?
ご紹介したいと思います。

 

ヨーロピアンジャズトリオ(European Jazz Trio)

私が、カレル・ボエリーというアーティストに出会ったのは、「ノルウェイの森」という1枚のCDでした。

 

このCDで演奏しているピアニストが、カレル・ボエリーというピアニストなのです。バンドは、ヨーロピアンジャズトリオ。

カレル・ボエリーは、ヨーロピアンジャズトリオの初代ピアニストです。

 

まさに、美しいという言葉が、そのままぴったり当てはまる、ジャズでした。

こちらも、ご参考までに・・・・。

 

初めて聴いた時は、衝撃でした。

なにこれ!?ジャズなの?それともクラシック?
綺麗・・・・。

 

ちょうど、私が、「ノルウェイの森」に出会った頃、同時に聴いていたのは、オスカー・ピーターソン、ウィントン・ケリーなどの、王道アメリカジャズでした。

 

ヨーロピアンジャズトリオとは、よく命名したもので、その響きは、クラシックのようでもあり、リズムからはジャズが感じられる、私にとっては、まさに、新天地でした。

 

トゥーツシールマンス("Toots" Thielemans)の伴奏者として

ジャズハーモニカ奏者として知られる、伝説のアーティスト”トゥーツシールマンス("Toots" Thielemans)”。

彼は、ベルギー出身のアーティストでした。

そんな、トゥーツシールマンスとのヨーロッパツアーや晩年のツアーには、必ずと行っていいほど、カレル・ボエリーが伴奏者として付き添っています。

 

 

オランダ、デン・ハーグで開催されたジャズフェスティバルの様子です。

 

さて、どうやったらカレル・ボエリーの生演奏を聞けるか?!

こうして、様々な情報が集まった2015年。

トゥーツ・シールマンンスのツアーが日本に来ることを心待ちにしていました。早く、生演奏が聞きたい!

そんなことを思っていた矢先、2016年8月22日に、トゥーツシールマンスが享年94歳にて逝去しています。

 

ツアーを心待ちにすることは、不可能となってしまいました。

 

ならば、こちらから会いに行くしかない!!!

 

ということで、様々な手段(これはまた後ほど・・・。)を使って、コンタクトを取り(いや、そんなに大げさなことはしていないのだけれど・・・。)
オランダへ渡りました。

 

大好きな音楽をずーっと聴いていられる幸せ

カレル・ボエリーは、今、ヨーロッパツアーのみを行うアーティストです。

それも、すごく近場のみ。

オランダ、ベルギー、ドイツまでしか行かないと決めているそうです。
つまり、家から、車で4時間圏内ですね。

 

さらには、アムステルダム音楽院にてジャズを教える教授でもあります。

 

そんな私が、彼の家に遊びに行くと、まず、スタジオに入って、彼の最新作をとにかく、何度も聞かせてもらいます。

それ、レッスンなの??と、聞かれますが、私にとっては最も最高な時間です。大好きなアーティストの最新作、または、世の中に出ないかもしれないライブ音源・・・・。

 

とにかく、ずーっと聴いて、聴いて聴いて、聞き終わったあと、初めてこの曲はどんなアレンジになってるのか?など、教えてもらったりするわけです。

 

幸せなひとときです。

 

 

カレル・ボエリー(Karel Boehlee)というアーティストのような、美しいサウンドを求めて、今後も勉強していきたいと思います。

 




-Jazz関連
-, ,

Copyright© もっと自由に音楽を! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.