ママコン

親子一緒に楽しめる、はじめてのジャズサックス。優しいJAZZをお届けしました。

投稿日:

初めてのJAZZサックスが登場

今回のママコンには、初めて、JAZZサックスが登場しました。
サックス奏者は、宇津木紘一さん。
優しい音色に、赤ちゃんはぐっすり。ママも穏やかな笑顔でお楽しみいただきました。

 

サックス:宇津木紘一

プロフィール

ジャズを中心に、ポップスのサポートやレコーディング、映画やお芝居等でも、演奏を展開。作曲家としてフィンランドのレーベルより楽曲のリリースや、高知県梼原町のPR音楽、ナカシマプロペラのCM等の企業等への楽曲提供、映画音楽等の作曲を多数手がける。また、ミキシングエンジニア、レコーディングエンジニアとして、も活動し、様々なアーティストの楽曲を手がける。

音楽専門学校ESPミュージカルアカデミー講師

 

サックスでお子さん、爆睡!?

サックスの音って大きいと、思われがちですが、
実は、とっても優しい音が鳴る楽器でもあるのです。

もともと、サックスは、トランペットとは違って、木管楽器の一つ。
木管楽器というのは、かつては木製で管状のものが多かったので「木管楽器」と呼ばれていました。
フルートもサックスも金属製ですが、木管楽器なんです。

 

じゃあ何が違うのでしょうか?

 

 

木管楽器は金管楽器と違い、唇の振動で音を出しません
リコーダーのように息を吹き込むだけのものや、「リード」を震動させて音を出すものもあります。

素材に関わらず「リードを使用するのが木管楽器です。

ちなみに木管楽器にはフルート、サックス、クラリネット、ファゴット、オーボエなどが分類されます。

リード、これが、音の良し悪しを決める、キーマンなのです。

 

 

オーボエ奏者なんかは、自分で作っているらしい・・・・。
いつか、ママコンにもお呼びしたいですね!

 

 

 

リードというのは、

 

こういうのもののことを言います。

ケーンという葦の仲間を使って、作られています。
この、リードを震わせることで、音を出しているので、
リードは、音色の命!!

みなさん、お気に入りのリードを探して、さまよっています。

 

ソプラノSAXとアルトSAX

今回、宇津木さんには、ソプラノSAXと、
アルトSAXを演奏していただきました。

 

ソプラノSAXは、こちら。

 

楽器自体が、ストレートなのがわかりやすいですね。

ソプラノというくらいなので、女性でも高い音程を
演奏される方と、同じような音が鳴ります。

 

パッと持った感じも、リコーダー見たいですし、
軽いので、女性がやるには、向いてるんじゃないかな?!と、思っています。

 

アルトSAX

 

こちらが、アルトSAX。

吹奏楽部などで使われる楽器は、基本的に、アルトSAXですよね。

私が、持ってみた感覚としては、かなり重い!!
首が痛い。笑

 

女性でも、低い声の方が担当する音を、演奏できる楽器です。

 

ママコン演奏動画

SAX=賑やか!派手!

そんな印象の方も多かったかもしれません。

しかし、本当にびっくりすることですが、お子さまは、爆睡。笑

 

 

ぜひ、こちらの動画でお楽しみください。
動画に映っている子たちは、踊ってますね・・・・。あれ?!

沢山の方のママコンご参加ありがとうございました。大入満員感謝いたします。

研究学園グリーンネックレスアートの会さんの投稿 2017年6月17日土曜日




-ママコン

Copyright© もっと自由に音楽を! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.