レコーディングでは何をもって完成とするか?

レコーディングでは何をもって完成とするか?

レコーディングには終わりがない・・・

レコーディングって、何をもって、完成とするか?
そこが、難しいと思います・・・・。

 

ミスなく、全員が演奏できていればOK?

 

でも、それだと、ライブ感がなくて、守りに入った音楽になる・・・。
悪く言えば、ミスを恐れている演奏・・・。

 

だからといって、ライブ感を追求すると、誰かが、少し走ったり、
誰かのリズムが、少しヨレたり、CDとして、何度も聞くには、
アタックの強すぎるノリだったり・・・。

 

 

OKを出すところを、メンバーで話しあう場合もあるし、バンドリーダーである私が、独断でOKを出したりしています。

 

 

今回、収録する曲は、全部で10曲。

初日は、11時から準備して20時に撤収。
サクサク進んで、やっと6曲が収録できました。

 

さぁ、2日目は、残り4曲!

 

どこで、OKを出すか。その、丁度いい位置を見つけながら、
張り切ってレコーディングしています。

 

Newアルバムの完成は、4月を予定しています。

 

メンバー、
マックギルバート(Vo.)
根木マリサ(Pf.)
玉木英和(Bass.)
高崎洋平(Dr.)