コードの覚え方とコツ・一覧

ピアノコードの覚え方が難しい?「m」「△」「M」がわかると簡単?

更新日:

コードにはメジャーとマイナーの2種類がある

コードネームの、アルファベットがわかったところで、問題になるのが、
そのうしろにある、「m」とか「△7」とか、「M7」とかですよね。

まずは、「m」について考えていきたいと思います。

 

「m」とはなに?

「m」というのは、マイナー(minor)の略です。

マイナーという言葉は、日常でもよく使うのではないでしょうか。
「マイナーチェンジ」・「マイナースポーツ」など。

会話の中にも出てくる言葉ですよね。

 

ちなみに、「マイナーチェンジ」というのは、細かい仕様の変更のこと。
「マイナースポーツ」というのは、あまり有名ではないスポーツのことを指します。

 

辞書曰く、「マイナー(minor)」という言葉自体に、
小さいとか、少ないという意味があるようなのです。

 

コードで、
小さいとか少ないとかってどういうこと???!

 

中指が、何の音を弾くかで決まる!

「マイナー(minor)」=少ない・小さい

というのは、小指で弾いている音から、
中指までの鍵盤の数が少ないことを指しています。

 

は・・・?ですよね。

 

見てみましょう。

左手で、鍵盤を弾いている図です。

こちらが、「C」

 

こちらが、「Cm」

#と♭の説明は、また後日・・・。

 

「Cm」は、黒い鍵盤に登りました。
つまり、小指で弾く「ド」に、近づきましたよね。

 

小指と、中指の間の鍵盤数に注目です。

こちらが、「C」

 

こちらが、「Cm」

 

「C」では、3鍵盤、間に入っています。
「Cm」では、2鍵盤

間の鍵盤数が少ないと、m(マイナー)のコードになります!

 

間に入る鍵盤の数は決まっている

「m」の時は
小指と中指の間に入る鍵盤の数を2鍵盤とする!
と、これはもう、決まっているのです。

音楽の「公式」のようなものです。

 

*基本形の場合の話です。 

 

例えば、「Dm」

「D」=「レ」です。
小指を「レ」に置いて、白い鍵盤に指を一本ずつセットします。
すると、親指が「ラ」にのります。
さらに、小指から2鍵盤、間をあけて、中指をセット。

はい。できました。

 

つづいて、「D」

「m」がついていない時は、
小指と中指の間に入る鍵盤の数を3鍵盤とする!

こちらも公式のようなものです。

「D」=「レ」です。
小指を「レ」に置いて、白い鍵盤に指を一本ずつセットします。
すると、親指が「ラ」にのります。
今度は、小指から3鍵盤、間をあけて、中指をセット。

はい。できました。

 

コツは、黒と白の鍵盤の見た目に騙されないこと!!!

 

常に、小指と中指の間の鍵盤の数に注目して、弾くべき鍵盤を見つけてみてください。

動画での解説は、こちらです

 

 

コードの読み方

最後に、コードの呼び方を、ご紹介します。

マイナーコード

アルファベットの後ろに、「m」という小文字があるものは全てマイナーコードです。
つまり、小指と中指の間が2鍵盤になるコード

 

マイナーコードの例として......

「Cm」「Cm7」「Cm7(b5)」

これらは、全て、マイナーコードです。鍵盤の数が少ないコードです。

マイナーコードの読み方は.....

「Cm」=「シーマイナー」

「Cm7」=「シーマイナーセブン」

「Cm7(b5)」=「シーマイナーセブンフラットファイヴ」

マイナーコードの書き方のいろいろ

マイナーコードは、基本的には、「m」と記載されるのですが、
たまに、「ー」マイナスの記号が、記載されていることがあります。

「C-7」といった感じ。

これも、「Cm7」と同じ意味となりますので、安心してください。

 

メジャーコード

メジャーコードの読み方は

アルファベットに「m」がついていないものは基本的に「メジャー」と言います。

なので、「C」は、「シーメジャー」と読みます。
そして、「CM7」「C△7」は、どちらも、「シーメジャーセブン」と呼びます。

「M」も「△」も、書き方が違うだけで同じ意味です。

確認ですが、メジャーコードは、小指と中指の間の鍵盤数が3つです。

 

メジャーでもマイナーでもない。気をつけるコード

「C7」という、アルファベット+7という組み合わせがあります。

これらは、「シーセブン」と読みますので、「マイナー」や「メジャー」という言葉を入れません。
このコードが、混乱の原因になることが多いので、お気をつけ下さい。

 

「7th(セブンスコード)」については、こちらの記事へ。

 

 

まとめ

<音楽の公式>

「m(マイナー)」の時は
小指と中指の間に入る鍵盤の数を2鍵盤とする!

m(マイナー)がない時=メジャー」の時は
小指と中指の間に入る鍵盤の数を3鍵盤とする!

こちらを必ず、覚えてくださいね。

SNSでも最新情報を配信しています。フォロー・チャンネル登録お願いします。

-コードの覚え方とコツ・一覧
-, ,

Copyright© 根木マリサ~Official Site~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.