LESSON

子供のピアノの発表会はドレスがいいの?衣装の選び方でおすすめは?

更新日:

ピアノの発表会シーズンとなりました。
芸術の秋。10月〜11月は、発表会の多いシーズンではないでしょうか。

ピアノの発表会。

お子さんにとって、一番の関心事は、ドレス選び?かもしれません。
しかし、お母さんにとってみると、1回のためだけに、
値段の高いドレスを買うのはちょっと・・・。と、考えがち。
しかも、お子さんは、どんどん成長するので、来年着れるかわからないし・・・。

私の小さいころの経験と、現在の生徒さんの様子からわかったことをシェアしたいと思います。

衣装に正解はない

 

ピアノの発表会とは、普段習っているピアノの先生が主催されている場
であることが多いですよね。
まずは、お子さんが習っている先生がどんな衣装を良しとしているのか、ダメと思っているのか。

そこをリサーチする必要があります。

演奏活動をたくさんされている先生であれば、もしかしたら、
「発表会=ドレス」と、思っていらっしゃるかもしれません。

もしかしたら、「発表会だからといってドレスはやりすぎよね。」
というお考えをお持ちかもしれません。

先生の思っていることと、大きく離れてしまうと、今後のレッスンにも、
そして、お子さんが、発表会の時にも、嫌な思いをしてしまう可能性があります。

 

まずは、先生の意向と、趣味をリサーチしてみてください。

ピアノの先生をしている私からすると、オススメの質問は、2つです。

「去年、ドレスを着ていた生徒さんはいらっしゃいますか?」
「先生は、どんな衣装を着ますか?」

 

去年、ドレスを着ていた生徒さんがいらっしゃれば、ドレスはOKだし、逆に、
あまりカジュアルな格好(ジーパン)とかは、浮いてしまうかもしれません。
なにか、ポリシーがあって、カジュアルな格好をする場合は、別だと思います。

 

次の質問として有効なのは、先生が、どんな衣装を着るかということです。
おそらく、多くの発表会には、先生の講師演奏というものがあると思います。

その講師演奏に向けて、ドレスを着るのか、それとも、
スーツよりちょっとおしゃれ。ぐらいなフォーマル服なのか、
それとも、カジュアルな格好なのか。

ここを聞いておけば、先生の方針がよくわかると思います。

 

先生によっては

「私は、ちょっとしたワンピースだからドレス着ないけど、〇〇ちゃんは、ドレス着たらいいじゃな〜い??」

と、言ってくれるかもしれません。

 

この場合は、派手なドレスを着ても、もしくは、ドレスではない格好でも、
どっちでもOKということです。

ただ、一般的な先生の認識としては、カジュアルすぎる格好(ジーンズ・Tシャツ)などは、
ちょっと、発表会には、ふさわしくないかな・・・。と思われてしまうことが
多いので、お気をつけください。

 

 

発表会の前に、先生から、「素敵な衣装ね!と、言ってもらえると
お子さんは、とっても、いい笑顔になるという光景を何度も見てきました。
そして、お子さん自身も、他の子とあんまり違う感じがしない
でも、自分の個性が出せる衣装を、とても、気に入っていて、
自分に、自信を持てているようでした。

 

ぜひ、先生の方針を、確認してみてください。

 

ちょっと個性的な衣装は、どこで買える?

 

お子さんに、発表会、何が着たい?と、聞いた時、
絶対に、言って欲しくない言葉があります。

それは、2つ。

「え?!それはヘンじゃない?」
「そんなのどこで買うのよ?!」

この2つの言葉は、お子さんを萎縮させてしまいます。

 

その現場に立ち会ったことがあります。

お子さんは、夢を持って、着たいドレスの雰囲気をお母さんに伝えたのに、
お母さんは「ヘン」でしょ。と、一蹴・・・・。
ちょっと、お子さんも、しゅ〜んとなって、かわいそうでした。

 

完全に、あれは、やる気を削がれちゃったと思います。

 

ピアノの発表会は、ただでさえ、練習が大変。
なんとか、お子さんにやる気をもったまま、発表会に臨んでもらうことが重要です。

 

お子さんが考えた衣装を、「ヘンだよ」「おかしいよ」「買えないよ」と、言うのは、
練習のやる気、発表会へのやる気を、削いでしまいます。

この二つの言葉は、控えた方がいいと思います。

 

 

でも、そうは言っても、
「ヘン」な衣装を子供が着ようとしているの!!!

 

と、おっしゃるお母さんも、いらっしゃるかもしれません。
でも、本当にヘン?なのか、まずは、先生に聞いてみてください。
別に、「ヘン」じゃないかもしれません。

私には、過去、人魚姫の格好をした生徒さんがいらっしゃいました。
発表会の日も、お母さんは、「ヘン」と、言っていましたが、
私は、「素敵な衣装だな。」と思いました。
生徒さんへは、何度も素敵!と、その衣装を褒めていましたが、
最終的に、発表会が終わるころには、他のお友達からも、
その衣装、ステキですね〜などど、言われて、本人は、嬉しそうでした。
お母さんも、最後には、「ヘン」とは、言っていませんでした。

 

本当にヘン?なのかは、ぜひ、先生の意見を聞いてみてください。

さて、お子さんの希望の衣装が、「ヘン」ではないなら、
その衣装、どこで買えるのでしょうか?

日本で、発表会用のドレスを購入しようとすると、
結構値段が、高いんです。

しかも、お子さん用だから、来年は着れないかもしれない・・・・。
とすると、この金額は、本当に高い・・・。と、思ってしまうドレスがたくさん販売されています。

ということで、オススメなのが、ここ。

Light in the box

 

中国に工場があり、そこから日本に輸入されるので、
少し手に入るまでに、時間がかかります。

1ヶ月前には、購入するようにしてください。

 

そして、たまに、生地がしわになりやすいものだったり、
ゴワゴワして、着心地が悪いものだったりする場合もあります。
せめて、3000円以上の衣装を選ぶと良いと思います。
(それでも、品質の悪いものもあるかもしれません・・・。)

 

そして、ちょこっと大きめを購入した方がよいと思います。
着てみて、大きければ、肩紐などは縫って調整してみてください。

 

こんなドレスが販売されています。
(2018年10月24日現在)

販売ページは、こちら

 

販売ページは、こちら

 

個性的なドレスが、とってもお安く販売されています〜!!!!

私の生徒さんも、こちらの通販で購入された方がいらっしゃいました。
やはり、すこし、品質としては、生地が薄かったり、
しわになりやすかったりするけれども、
デザインが面白いので、お子さんも気に入っているとのことでした。

 

生徒さんが、そのドレスが手に入った日の次のレッスンに
嬉しそうに、着て来たとき、すごく、本人からやる気が満ちあふれていたのが、
印象的でした。

 

2017年の発表会の様子は、こちら。
みんな、それぞれ個性的な衣装ですね。

まとめ

年に、何回もあるわけではない発表会。
大変な練習を乗り越えて、お子様が一回り大きく成長する発表会。
ぜひ、本人のやる気を引き出せる衣装を、選んであげてください。

 

根木マリサの音楽教室・個人レッスンのご案内は、こちら

SNSでも最新情報を配信しています。フォロー・チャンネル登録お願いします。

-LESSON
-, , ,

Copyright© もっと自由に音楽を! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.