作曲作品

ホラー&コメディ。新感覚の人形アニメ「パカリアン」ついに、公開!

更新日:

The Pacalien」パカリアンってどんなアニメ!?

アルパカにそっくりな容姿をした宇宙人調査員のロメロスは、地球に着陸する際に宇宙船が故障して不時着し、故郷の星との通信が途絶えてしまう。不時着した山の中では、奇妙なマスクをした人間が待ち構えていた…

 

マリサ:なんだって?!アルパカが主人公なの・・・・?!

 

主人公は、アルパカにそっくりなロメロス

怖い!!可愛い!!きもい!!!笑

これ、背景の木は、実写なんです。
人形である、ロメロス自体は、実際の木よりも、もっと小さいです。

 

パカリアンは、ストップモーションという手法で作られているアニメなのです。

*スソップモーションとは・・・・
静止している物体を1コマ毎に少しずつ動かしカメラで撮影し、あたかもそれ自身が連続して動いているかのように見せる技法のこと。

 

一番イメージしやすいところで行くと、
「ひつじのショーン」が同じ手法で作られているアニメです。

他にも、『ティム・バートンのコープスブライド』などが、同じ手法で作られているアニメですね。

 

 

ストップモーションの大変なところは、何枚も写真を撮影して、やっと、1秒の映像になるというところ・・・。
とにかく、気の遠くなる時間がかかります!!

そんな、大変な技法を使って、映像を作っているのは、どんな人?!

 

秦俊子監督はどんな人!?

秦俊子監督

1985年 福岡県生まれ。
2009年 東京藝術大学美術学部工芸科染織専攻卒業。
2011年 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修了。

数々のアニメーション賞を受賞されている、監督さんなのです。

 

綺麗な方....なんだか、ロマンティックな映画を作りそうな雰囲気・・・。

 

いえいえ、ホラー映画の監督さんです!!

 

〜ちょこっと制作秘話〜

音楽のイメージにど〜〜〜〜しても迷った時、
監督に、「どんな映画の感じですか?」と、
監督の頭の中にある音楽をお聞きする場合があります。
すると、監督から、「〇〇のここのシーン」とか、「〇〇のここのシーン」を足した感じ〜という返信をいただけたりします。

 

もちろん、結局その通りには、なりませんが・・・・。

 

今回、パカリアンの制作中には、夜中の2時ごろ、ホラー映画(流血多め)の、参考YouTubeを送っていただきました・・・。

 

さすがに、ちょっと、作業中、怖くなってしまって・・・。
しかも、研究のためには、何度も見返しますので、ちょっと休憩している間にも、音楽が頭の中に流れてきて・・・・。

 

作業部屋の扉が、いきなり誰かに開けられんじゃないか!?と、怖かった。笑

 

映像はこちらから

今回、私(マリサ)は、このパカリアンに楽曲を提供させていただきました。

 

そして、ついに、「パカリアン」アメリカのTV局カートゥーンネットワークのAdult Swimにて、放送されました!

 

 

こちらから、ご覧ください。

ちょっと怖いけど、でも、ププっと笑える。そんな楽しいアニメーションです。

 

見どころは?

ストップモーションのアニメは、どこでストップしても絵が綺麗!というのが、まずは、見どころポイントです。
主人公:ロメロスの洋服の色合いも、とても計算されて作られています。

 

そして、なんといっても、声!
今回、主人公:ロメロスを中心とした、登場人物たちの声は、すべて、斎藤工さん、お一人が、演じてくださっております。

コウモリの鳴き声も、ロメロスと同じ方なのです。
コウモリが、二匹飛んでいるカットでは、二匹とも撮り分けをしています。

 

音楽としては、毎回、話が終わるたびにエンディングが流れますが、微妙にすべて違います。

 

是非、見どころもふまえて、お楽しみください。

 




-作曲作品
-,

Copyright© もっと自由に音楽を! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.