WordPressに挑戦 – 1 限目 –

WordPressに挑戦 – 1 限目 –

ホームページって何?!

まず、パソコンのSafariか、Google Chrome、Internet Explorerを起動します。
起動後、あなたがYahooのサイトに行こうと思ったら、そのYahooのアドレス(住所のようなもの)をパソコンにて入力します。www.yahoo.co.jpこれですね。この、www.yahoo.co.jpを、ドメインといいます。
まず、あなたのパソコンの中のSafariか、Google Chrome、Internet Explorerは、www.yahoo.co.jpのIPアドレスをDNSサーバに聞きに行きます。DNSサーバから、IPアドレス(183.79.248.124)を教えてもらえるので、今度は、IPアドレスで、探しに行きます。すると、ヤフーのトップページに行くことができるんですね。

はい。意味わかりませんね。
ということで、もうちょっと現実世界の話に置き換えてみましょう。

つまり、根木マリサの自宅に行きたい場合、住所検索をかけられるような機械(DNSサーバ)に、企業名”Marisa’s Music”(ドメイン名)を入力すると、その機械が、茨城県つくば市〇〇、〇丁目、◯番地(IPアドレス)と答えてくれて、あなたは、その住所に実際に向かい、晴れて、根木マリサの自宅にたどり着けるということなのですね。

もうちょっとわかりやすい例を出しましょう。

例えば、イーアスに行きたい場合、住所検索をかけられるような機械(DNSサーバ)に、企業名”イーアス”(ドメイン名)を入力すると、その機械が、茨城県つくば市研究学園5丁目19(IPアドレス)という住所を教えてくれます。すると、あなたは、この住所を頼りにイーアスに行くことができるわけですね!

なるほど!インターネットの世界も、現実世界と同じシステムなわけですね!でも、実際に歩いたりする必要はない・・・・だから、仮想現実とかいうワードが出てくるってことなのかな?

では、「ホームページ」っていうのは、なんなの?ということなのですが、この「ホームページ」という言葉は、基本的には、トップページのことなんですね。つまり、家でいったら、表札と門の写真って感じかな?そして、家の中の、リビングや、寝室や、それ以外のお部屋一つ一つのことを、Webページと呼んでいるみたい。でも、たまに、客室が1つじゃなくて、3つとか5つとかあるお家ありますよね?そぉなると、それは、客室群となりますね。だから、一つ一つのお部屋を指す、「Webページ」とは呼ばず、「Webサイト」と呼ぶみたいです。

でも、今は、あんまりそんな区別はしていなくて、「ホームページ」も「Webページ」も、「Webサイト」も、混同して使われているみたいです。

今日わかったこと

       

  • www.yahoo.co.jpは、ドメイン名。これだけでは、ホームページは表示されない。
  • DNSサーバにてIPアドレス(183.79.248.124)を教えてもらう。
  • 今度は、IPアドレスでもう一度目的のものを探しに行って、やっとホームページが表示される
  • 「ホームページ」も「Webページ」も、「Webサイト」も今は、混同されて使われている。
  •   

このシステムって本当にすごいですよね。しかも、サーバって、見た目は、単なる箱・・・・。不思議だ・・・。

– 1限目 – 終了 -2017.11.1-